北総鉄道株式会社

お知らせ

白井駅・西白井駅の駅周辺地域の活性化プロジェクトがスタートします。

2021年07月14日お知らせ

 北総鉄道(本社:千葉県鎌ケ谷市、社長:室谷 正裕)では、2021年3月24日に千葉県白井市(市長:笠井 喜久雄)と締結した「白井駅・西白井駅周辺地域の活性化に関する協定」に基づき、駅と駅周辺地域のにぎわいづくりの実現に向けて、両者で協働した駅周辺地域の活性化のプロジェクトをスタートします。

 まず、白井駅・西白井駅を白井市の都市拠点のシンボルとするべく、両駅に副駅名称を設定し、駅名看板を副駅名称に合わせたデザインとするほか、都市拠点に相応しい居心地の良い空間を創出するため、千葉県内産の木材を使用したベンチを配し、駅名看板のデザインに合わせた装飾をした待合室など駅施設の整備を行います。

 白井駅・西白井駅周辺地域のにぎわいづくりは、白井市の第5次総合計画において、まちづくりの重点戦略の1つである「拠点創造プロジェクト」の取組の1つとして位置づけられています。
 北総鉄道では、白井市との連携を通じて北総線沿線の魅力度向上やプロモーションに取り組むことで、白井市をはじめとした沿線地域の発展に貢献してまいります。

 詳細は下記をご覧ください。

 

整備予定の待合室(イメージ)

 
 
白井駅・西白井駅副駅名称の募集の概要
募集期間 2021年7月15日(木)から2021年8月15日(日)
募集内容 北総線白井駅・西白井駅の副駅名称
決定時期 2021年9月
副駅名称看板掲載時期 2022年2月~3月
※工事の進捗状況により、変更となる場合があります。
当項目につきましては、白井市のプレスリリースもご覧ください。
 
 
白井駅・西白井駅の駅施設の整備について
待合室の整備 <内容>
 空調を完備した快適な待合室を設置します。待合室の内装と設置するベンチは株式会社山二建具が製作し、千葉県産木材を使用します。
<使用開始時期>
 西白井駅:2021年11月
 白井駅:2021年12月
※副駅名称の看板デザインに合わせた装飾を施した竣工は、3月を予定しております。お客様が寒い時期に待合室を利用できるよう、待合室は先行してオープンする予定です。
多機能トイレのリニューアル <内容>
 従来より広く、お客様がより利用しやすいよう整備します。
<使用開始時期>
 西白井駅:2021年11月
 白井駅:2021年12月
ホームベンチのリニューアル <内容>
 お客様により安全にご利用いただくため、ホーム上のベンチの向きを「線路に対し平行」から「線路に対し垂直」に変更するほか、ひじ掛け付きの座席の大きなベンチを設置します。
<使用開始時期>
 白井駅及び西白井駅:2022年2月
備 考 ・使用開始及び竣工時期については、変更となる場合がございます。
 

<株式会社山二建具について>
 昭和45年に松戸市にて開業。現在は、北総線の北国分駅~秋山駅間の高架下に工場を構え、高品質な木製建具を製作しています。50年の実績を持ち、有名ホテルや公共施設、社寺仏閣の建具等を多数製作し、国土交通大臣賞などの受賞歴や技能五輪優勝者を輩出するなど高い技術が評価されています。

 

 

一覧へ戻る

先頭へ戻る