北総鉄道株式会社

お知らせ

全駅の「非常通報ボタン」の名称を「非常停止ボタン」に変更しました

2018年02月21日北総線全駅

 北総鉄道(本社:千葉県鎌ケ谷市、社長:平田 憲一郎)では、ホームでのお客様の安全性を確保するため、非常通報ボタンを機能アップし、列車を自動的に停止させる機能を追加する工事を北総線全駅で進めておりましたが、このたび全14駅で整備が完了し、本日2月21日(水)始発より、非常停止ボタンと、名称も変更して運用を開始しました。
 これにより、ホーム上の駅係員やお客様が非常停止ボタンを操作した際には、確実、迅速に列車が停止し、さらに安全性が向上します。

 従来の非常通報ボタンは、お客様の線路内への転落や線路内に障害物を発見したとき、周りの駅係員やお客様がこのボタンを操作することで、駅係員や付近を走行する列車の乗務員に異常を知らせ、これを認めた列車乗務員が非常ブレーキを操作して列車を停止させていました。
 しかし、非常通報ボタンが操作された際に、列車乗務員が急病等何らかの事由があった場合、非常ブレーキの取り扱いが出来ない可能性も考えられるため、今回改良した非常停止ボタンでは、ボタンを操作することで列車の非常ブレーキが自動的に動作し停止させる機能を追加しました。
 また、非常通報ボタンの位置を示す表示板のデザインもJIS規格で制定された案内用記号を採用し、視覚でも緊急時に操作するボタンであることを誰にでもわかりやすくしております。さらに訪日外国人観光客等の増加を踏まえ、表示板中の説明も日本語、英語に併せて中国語、韓国語での表記を追加し、より多くのお客様へ周知します。
 
 北総鉄道では、今後もご利用するお客様の安全性向上に努めて参ります。

一覧へ戻る

先頭へ戻る