北総鉄道株式会社

お知らせ

「現場対応訓練」を実施しました

2022年04月22日お知らせ

北総鉄道株式会社(本社:千葉県鎌ケ谷市、社長:室谷 正裕)では、千葉県印西警察署(千葉県印西市)と合同で4月21日(木)に印西牧の原駅において、走行中の列車内で傷害事件が発生したことを想定した現場対応訓練を実施しました。
 
これは、昨年同業他社で発生した走行中の列車内での傷害事件を受けて、当社においても、同様の事象が発生した際に、お客様を安全に避難させるため、当社社員の迅速な対応および警察官との円滑な連携を執ることができるよう訓練を行いました。
 
この訓練では、実際の車両を駅に留置し、走行中の列車内で刃物を持ち暴れている不審者がいるとの想定のもと、乗客が車内非常通報器を操作し車掌へ事件発生の通報、その後、社内連絡を通じて印西警察署へ110番通報を行いました。
また、列車が駅に到着、北総鉄道の乗務員と駅係員が不審者と対峙しながら乗客を避難させ、警察官が到着し暴れている不審者を取り押さえるまでの訓練を実施しました。
 
訓練の詳細は下記のとおりです。
 
 
現場対応訓練の実施について
日時 2022年4月21日(木) 10時~11時
場所 北総線 印西牧の原駅(印西市原1-2191)
参加者 北総鉄道社員30名
印西警察署員15名
訓練概要
<訓練内容>
・列車内で刃物を持って暴れている不審者の通報を受けたことに対する鉄道係員の初動対応、及び警察への通報
・列車がホームに停車した後の乗客、旅客の避難誘導
・警察官による不審者の制圧、検挙

 

一覧へ戻る

先頭へ戻る