ほくそう 2019 winter
13/16

時津町名物ベスト52位1位住 時津町浦郷交 長崎バス「時津港入口」  停留所から徒歩1分【川林まんじゅう】住 時津町浦郷441-6交 長崎バス「時津港入口」停留所から  徒歩2分営 8:00~17:00(無くなり次第終了)休 無休☎ 095-882-2402住 時津町浦郷396-32  (ウォーターフロント公園内)交 長崎バス「時津港入口」停留所から徒歩1分営 9:00~22:00☎ 095-882-2211時津町名物ベスト5じつは、海月らなさんは長崎県出身! 生まれ故郷である時津町の観光推進プロジェクトに参加して、地元のPR活動に取り組んでいます。そこで、らなさんにおすすめの時津町名物を聞きました。ぜひ長崎市内の観光ついでに、足を伸ばしてみてください。時津町ってどんなところ?長崎市の北部に接し、大村湾を望む水辺のまち。江戸時代、長崎中心地と時津を結ぶ「時津街道」は、物資輸送の大動脈として多くの人が行き交い、時津一帯は宿場町として大いに栄えました。現在は景勝地に恵まれた観光地として有名。特産品にナマコ、びわ、巨峰など。◆アクセス:JR長崎駅から長崎バス「時津」行きで約30分。町内屈指のビュースポット。いつも波がおだやかで、静かに打寄せる波音から「琴の海」という別名も。湾に臨む時津港には、新鮮な魚介が楽しめる産直市場があります。「湾全体があかね色に染まる、日の入りは必見です!」時津まんじゅうこしあんを黒糖生地で包んだ、江戸時代から続く名物まんじゅう。「川林まんじゅう」や「藤山饅頭屋」といった町内の和菓子屋のほか、スーパーマーケットで1個70~100円程度で販売。「素朴な味わいでいくらでもいけちゃいます」「時津ウォーターフロント公園」にあるランドマーク。見晴らしのいい芝生エリアに建っており、フォトスポットとして有名です。すぐそばにある、波打ち際を散歩できるウォーキングコースも人気。「港を背景にすれば、バッチリきれいな時計台が撮影できるよ」住 時津町元村郷855(国道206号線沿い)交 時津港から自動車で約5分岩の上に丸い岩が重なり、絶妙なバランスでそびえたっています。ユニークな名称は、この岩の下を通ろうとした鯖売りが「岩が落ちるまで待とう」と1日中立ちつくし、鯖を腐らせてしまったという伝説から。「なんで岩が落ちないの!? と、つい見入ってしまいます」3位4位鯖くさらかし岩住 時津町西時津郷1379-1交 時津港から自動車で約15分料 一泊1,570円~、コテージ一泊15,400円☎ 095-882-6303(管理棟)大村湾に突き出た崎野半島にある自然体験型施設。約11ヘクタールの敷地には、キャンプ場や草スキー場、アスレチック遊具といった、大人も子どもも楽しめる施設が充実しています。「パステルカラーのコテージが並ぶエリアは、歩いているだけで晴れやかな気分になります」5位崎野自然公園時計台大村湾LinQ 海月らなが教える!と  ぎ  つ  ち ょ う13

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る