ほくそう 2019 winter
11/16

長崎南山手プリン出島 1636年、徳川幕府の命で、長崎町人が資金を出しあって築いた人工の島。1641年から1859年まで、オランダ人の居住地「オランダ商館」が置かれ、唯一のヨーロッパとの交易拠点になっていました。 現在は観光スポットとして一般公開。島内に建つ16棟の建物は、古写真や絵図などを参考に伝統工法で復元したもの。商館員の住居や貿易品を保管する土蔵など、19世紀初頭の街並みが見事に再現され、施設スタッフが扮する侍や門番が出迎えてくれます。「タイムスリップしたみたい!」「レトロな街並みがおしゃれ」。2人の会話も弾みます。 2020年1月13日まで、出島の食文化を紹介する「出島ターフル料理展」を開催中。 幕末に建立された教会「大浦天主堂」から徒歩1分の場所に、今春オープンしたプリン専門店。店内に工房を併設しており、作りたてのお手製プリンを販売しています。「こんなかわいいプリン、はじめて見た♪」と、さくらさんが目を輝かせるのは、赤・青・黄のジュレとプリンが2層になった「南山手ステンドグラスプリン」(420円)。大浦天主堂のステンドグラスのような鮮やかさが話題になり、1日数百個を売り上げる人気商品に。レモン風味のピュレもコクのあるプリンと見事に調和しています。「プレーン」(390円)や「抹茶」(430円)などのフレーバーも人気。1日に数百個売れる人気急上昇中のプリン観る買う滞在していたオランダ人の生活を再現した資料も。施設スタッフが出島の歴史を解説してくれる。プリンは5、6種類のフレーバーを常備。店頭にはイートイン用のベンチを設置。住 長崎市出島町6-1交 長崎電気軌道「出島」停留所からすぐ料 一般520円、高校生200円、小中学生100円 営 8:00~21:00(最終入場20:40)休 無休☎ 095-821-7200住 長崎市南山手町2-11交 長崎電気軌道「大浦天主堂」停留所から  徒歩3分営 9:00~18:00休 無休☎ 095-895-8886写真映えしそうな建物がいっぱい♪で  じ  まみ な み や ま て11

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る